下高井戸シネマ


10月の上映スケジュール  8月へ  9月へ  一覧表へ 

新聞記者

配給:イオンエンターテイメント
2019年/日本/1h53
監督:藤井道人
出演:シム・ウンギョン、松坂桃李、北村有起哉、高橋和也

東都新聞に匿名で届いた極秘公文書。真相を追う女性記者・吉岡は、エリート官僚・杉原に出会い、やがて驚愕の計画を知る…。官邸とメディアの裏側を描く新社会派エンタテインメント!

9/21(土)〜9/27(金) 14:35〜(終16:33)
9/28(土)〜10/4(金) 17:00〜(終18:58)

一般1800円 / 大学・専門1500円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

居眠り磐音

配給:松竹
2019年/日本/2h01
監督:本木克英『超高速!参勤交代』
出演:松坂桃李、木村文乃、芳根京子、柄本佑、佐々木蔵之介

ある哀しい事件により全てを失い、浪人の身となった磐音。江戸で暮らし始めた折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ…。佐伯泰英の人気時代小説シリーズの映画化。

9/28(土)〜10/4(金) 10:00〜(終12:06)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
★10/1(火)は映画サービスデー!みなさま1000円でご覧いただけます。
※本作品は前売鑑賞券、ムビチケはご利用いただけません。


※「UDCast方式音声ガイド」に対応しています。
スマートフォンや携帯端末の専用アプリを利用した、視覚障がい者用音声ガイドです。 専用アプリから音声データをダウンロードし、イヤホンを使ってご利用いただけます。

▲TOPへ

アラジン 〈字幕版〉

配給:ディズニー
ALADDIN
2019年/アメリカ/2h08
監督・脚本:ガイ・リッチー『シャーロック・ホームズ』
出演:ウィル・スミス、メナ・マスード、ナオミ・スコット、マーワン・ケンザリ

世代を超え愛され続けてきたアラジンを空前のスケールで実写映画化。青年アラジン、王女ジャスミン、ランプの魔人ジーニー。彼らの胸踊る冒険と、真実の愛を描いた究極のファンタジー! 

9/28(土)〜10/4(金)12:20〜(終14:33)/19:15〜(終21:28)
10/5(土)〜10/11(金) 13:55〜(終16:08)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
★10/1(火は映画)サービスデー!みなさま1000円でご覧いただけます。
※本作品は前売鑑賞券、ムビチケはご利用いただけません。



▲TOPへ

僕たちは希望という名の列車に乗った

配給:アルバトロス・フィルム
DAS SCHWEIGENDE KLASSENZIMMER
2018年/ドイツ/1h51/PG12
監督・脚本:ラース・クラウメ『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』
出演:レオナルド・シャイヒャー

1956年、冷戦下の東ドイツ。高校生たちのたった二分間の黙祷が、やがて国家を揺るがす大事件に発展する―。過酷な現実に晒された若者の"小さな革命"を描いた、心揺さぶる感動の実話。 

9/28(土)〜10/4(金) 14:50〜(終16:46)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
★10/1(火)は映画サービスデー!みなさま1000円でご覧いただけます。
※本作品は前売鑑賞券、ムビチケはご利用いただけません。



▲TOPへ

氷上の王、ジョン・カリー

配給:アップリンク
THE ICE KING
2018年/イギリス/1h29
監督・製作・脚本:ジェイムス・エルスキン
字幕監修:町田樹
出演:ジョン・カリー

アイススケートを"芸術"へと昇華させた、伝説の五輪フィギュアスケート金メダリスト、ジョン・カリー。栄光の裏で、同性愛への偏見や病魔と闘った彼の知られざる光と影を映すドキュメンタリー。 

10/5(土)〜10/11(金) 10:00〜(終11:34)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円



▲TOPへ

Girl ガール

カンヌ国際映画祭 カメラドール〈新人監督賞〉/最優秀演技賞(ある視点部門)/国際批評家連盟賞
配給:クロックワークス
GIRL
2018年/ベルギー/1h45/PG12
監督・脚本:ルーカス・ドン
出演:ビクトール・ポルスター、アリエ・ワルトアルテ

トランスジェンダーの少女ララは、強い意志と才能、父の支えもあり難関バレエ学校へ入学するが…。第二のグザヴィエ・ドランとも称されるベルギーの26歳の新星ルーカス・ドン監督デビュー作。 

10/5(土)〜10/11(金) 11:50〜(終13:40)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円



▲TOPへ

ポーランド映画の現在
アンジェイ・ワイダ、ロマン・ポランスキーといった巨匠の登場以降、現在も新たな才能を送り出し続けるポーランド映画界。その中で近年注目を集める実力派のパヴェウ・パヴリコフスキとアダム・グジンスキの作品を上映。

COLD WAR あの歌、2つの心

カンヌ国際映画祭 監督賞
アカデミー賞 監督賞/撮影賞/外国語映画賞ノミネート

配給:キノフィルムズ
ZIMNA WOJNA
2018年/ポーランド・イギリス・フランス/1h28
監督・脚本:パヴェウ・パヴリコフスキ『イーダ』
出演:ヨアンナ・クーリク、トマシュ・コット、アガタ・クレシャ

冷戦下のポーランド。歌手を夢見るズーラとピアニストのヴィクトルは、音楽舞踏学校で出会い恋に落ちる。別れと再会を繰り返す15年間。民族音楽とジャズ、そして映像美で綴る極上の恋物語。 

10/5(土)〜10/11(金) 16:25〜(終17:58)
10/12(土)〜10/18(金) 20:00〜(終21:33)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円



▲TOPへ

イーダ

アカデミー賞 外国語映画賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 外国語映画賞

配給:コピアポア・フィルム
IDA
2013年/ポーランド・デンマーク/1h20
監督・脚本:パヴェウ・パヴリコフスキ
出演:アガタ・クレシャ

1962年ポーランド。修道院育ちの孤児アンナは伯母から「あなたはユダヤ人、本名はイーダ」と告げられる。突然知らされた自身の過去。彼女はその秘密を知るため旅に出る。静謐で美しいモノクロで映す、戦後東ヨーロッパの光と影。

10/5(土)〜10/11(金) 18:15〜(終19:40)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
※本作品は前売鑑賞券、ムビチケはご利用いただけません。



▲TOPへ

メモリーズ・オブ・サマー

ヨーロッパシネマフォーラム シネルジア映画祭 クリスタルアップル賞
配給:コピアポア・フィルム
WSPOMNIENIE LATA
2016年/ポーランド/1h23/PG12
監督・脚本:アダム・グジンスキ
出演:マックス・ヤスチシェンプスキ

1970年代末、ポーランド。12歳のピョトレックは父の出稼中、夏休みを母と二人で過ごす事に。しかし、母が毎晩出かけるようになり…。思春期の輝きと揺らぎを端正な映像で捉えた夏の物語。

10/12(土)〜10/18(金) 18:15〜(終19:43)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円



▲TOPへ

マックイーン モードの反逆児

配給:キノフィルムズ
MCQUEEN
2018年/イギリス/1h51
監督・脚本:ピーター・エテッドギー
監督・製作:イアン・ボノート
出演:アレキサンダー・マックイーン、イザベラ・ブロウ、トム・フォード

様々なアーティストに愛されたデザイナー、アレキサンダー・マックイーンの波乱の人生を、友人や家族へのインタビュー、ファッションアーカイブなどから迫っていくドキュメンタリー。

10/5(土)〜10/11(金) 19:55〜(終21:51)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
※本作品は前売鑑賞券、ムビチケはご利用いただけません。



▲TOPへ

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス

配給:ミモザフィルムズ
EX LIBRIS -THE NEW YORK PUBLIC LIBRARY
2017年/アメリカ/3h25
監督・製作・編集・音響:フレデリック・ワイズマン『パリ・オペラ座のすべて』

図書館員の憧れであり世界最大級の知の殿堂、ニューヨーク公共図書館。有数のコレクションを誇りながら、市民の生活に密着した存在でもある図書館の舞台裏に巨匠ワイズマンが迫る!

10/12(土)〜10/18(金)10:00〜(終13:40)
10/19(土)〜10/25(金)13:50〜(終17:30)
※途中休憩10分あり

一般2000円 / 大学・専門・シニア1500円 / 会員1300円 / 小・中・高1200円
*各種割引の実施はございません。また招待券などはご利用いただけません。
障がい者手帳お持ちの方は1300円、サービスデーは1400円、夫婦50割引は3000円です。



▲TOPへ

さらば愛しきアウトロー

ゴールデン・グローブ賞 主演男優賞ノミネート(コメディ/ミュージカル部門)
配給:ロングライド
THE OLD MAN & THE GUN
2018年/アメリカ/1h33
監督・脚本:デヴィッド・ロウリー
出演:ロバート・レッドフォード、ケイシー・アフレック、シシー・スペイセク

16回の脱獄と銀行強盗を繰り返し、誰一人傷つけなかった実在のアウトロー、フォレスト・タッカー74歳。愛と犯罪と逃亡の生き様を描いた、ハリウッドの伝説R・レッドフォード俳優引退作!

10/12(土)〜10/18(金) 14:00〜(終15:38)
10/19(土)〜10/25(金) 11:55〜(終13:33)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円



▲TOPへ

ゴールデン・リバー

ヴェネチア国際映画祭 銀獅子賞〈監督賞〉
配給:ギャガ
THE SISTERS BROTHERS
2018年/フランス・スペイン・ルーマニア・ベルギー・米/2h00/PG12
監督・脚本:ジャック・オーディアール『ディーパンの闘い』『君と歩く世界』
出演:ジョン・C・ライリー、ホアキン・フェニックス、ジェイク・ギレンホール、リズ・アーメッド

ゴールドラッシュに沸く1851年。殺し屋兄弟のイーライとチャーリーは権力者に雇われ、黄金を探す化学式を発見した化学者を追うが…。男たちの疑惑と友情が入り乱れる西部劇サスペンス。

10/12(土)〜10/18(金) 15:55〜(終18:00)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円



▲TOPへ

クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代

配給:彩プロ
KLIMT & SCHIELE EROS AND PSYCHE
2018年/イタリア/1h34
監督:ミシェル・マリー
ナレーション:柄本佑

19世紀末のウィーンを代表する画家グスタフ・クリムトと、彼から強い影響を受けたエゴン・シーレ。官能性と愛に満ちた二人の作品の魅力を、様々な映像群で紐解いていくドキュメンタリー。

10/19(土)〜10/25(金) 10:00〜(終11:39)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円



▲TOPへ

ベン・イズ・バック

配給:東和ピクチャーズ
BEN IS BACK
2018年/アメリカ/1h43
監督・脚本:ピーター・ヘッジズ
出演:ジュリア・ロバーツ、ルーカス・ヘッジズ

イヴの朝、薬物依存症の治療施設で暮らす息子が突然帰宅。一日だけ家で過ごす事になるが、ある事件が起き、母は息子を全力で守る決意をする。諦めない母の愛と家族の絆を描く人間ドラマ。

10/19(土)〜10/25(金) 17:50〜(終19:38)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
※本作品は前売鑑賞券、ムビチケはご利用いただけません。



▲TOPへ

ビューティフル・ボーイ

ゴールデン・グローブ賞 助演男優賞ノミネート
配給:ファントム・フィルム
BEAUTIFUL BOY
2018年/アメリカ/2h00/R15+
監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン
出演:スティーヴ・カレル、ティモシー・シャラメ

ふとしたきっかけで手を出したドラッグにのめり込んでいく優等生の息子ニックと、何度裏切られても彼を信じ続けた父との8年間の軌跡。二人それぞれの回顧録を基に描く愛と再生の物語。

10/19(土)〜10/25(金) 19:55〜(終22:00)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 高校生・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
※本作品は前売鑑賞券、ムビチケはご利用いただけません。



▲TOPへ

ルネ・クレール生誕120周年記念
優しい笑いで人々を包み、映像と音楽の素晴らしい調和を生んだフランスの巨匠。市井の人々に寄り添い紡がれた不朽の名作を上映。

監督・脚本:ルネ・クレール
配給:セテラ・インターナショナル

★☆ルネ・クレール監督作品リピーター割引実施 ☆★
ルネ・クレール監督作品『リラの門』『巴里祭』の相互割引となります。
どちらかの作品のチケット半券をご提示いただいた方は1000円にてご鑑賞いただけます。
両作品見る方にも、二回見る方にもお得な割引です!
*一枚につきお一人さま限り
*作品が明記されたチケットに限る
*他館の半券・前売り券も可
*招待券は不可

リラの門 〈4Kデジタル・リマスター版〉

PORTE DES LILAS
1957年/フランス/1h39
出演:ピエール・ブラッスール、ジョルジュ・ブラッサンス

お人好しで飲んだくれのジュジュ。ある日、友人の音楽家の家に逃げ込んできた警官殺しの男を二人で匿うことに…。パリの下町を舞台に描く、喜楽と悲哀に満ちた人情喜劇。円熟期の傑作。

10/26(土)〜11/1(金) 10:00〜(終11:44)
★先着100名様にポストカード、プレゼント!(なくなり次第終了)

一般1500円 / 大学・専門1200円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
★11/1(金)は映画サービスデー!みなさま1000円でご覧いただけます。
※本作品は前売鑑賞券、ムビチケはご利用いただけません。



▲TOPへ

巴里祭 〈4Kデジタル・リマスター版〉

QUATORZE JUILLET
1933年/フランス/1h33
出演:アナベラ、ジョルジュ・リゴー

アパルトマンの向かいに住み、密かに惹かれ合っていたタクシー運転手のジャンと花売り娘のアンナ。フランス革命記念日"巴里祭"前日に心を通わせるが…。すれ違う恋の行方を描く初期の傑作。

10/26(土)〜11/1(金) 12:00〜(終13:38)
★先着100名様にポストカード、プレゼント!(なくなり次第終了)

一般1500円 / 大学・専門1200円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
★11/1(金)は映画サービスデー!みなさま1000円でご覧いただけます。
※本作品は前売鑑賞券、ムビチケはご利用いただけません。



▲TOPへ

ミカエル・アース監督作品連続上映
『アマンダと僕』が東京国際映画祭でグランプリと最優秀脚本賞をW受賞したフランスの新鋭 ミカエル・アース。哀しみを受け止める人々の繊細な心情を、優しい眼差しで描く二作品を上映。
監督・脚本:ミカエル・アース

アマンダと僕

ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティ部門 マジック・ランタン賞
配給:ビターズ・エンド
AMANDA
2018年/フランス/1h47/PG12
出演:ヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトリエ

突然姉を失った青年ダヴィッドは、姉の幼い娘アマンダの世話を引き受けることに。戸惑いながらも、深い悲しみを乗り越えようとする二人の姿を、夏の日のパリを舞台に寄り添うように映し出す。

10/26(土)〜11/1(金)13:55〜(終15:47)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
★11/1(金)は映画サービスデー!みなさま1000円でご覧いただけます。
※本作品は前売鑑賞券、ムビチケはご利用いただけません。



▲TOPへ

サマーフィーリング

配給:ブロードウェイ
CE SENTIMENT DE L'ÉTÉ
2015年/フランス・ドイツ/1h46
出演:アンデルシュ・ダニエルセン・リー

ロレンスは恋人が突然亡くなったことから、彼女の妹ゾエに出会う。喪失感を抱えた彼らは、三度の夏を通して、少しずつ人生の光を取り戻してゆく…。16mmフィルムで切り撮る美しい作品。

10/26(土)〜11/1(金)16:05〜(終17:56)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
★11/1(金)は映画サービスデー!みなさま1000円でご覧いただけます。



▲TOPへ

嵐電

配給:マジックアワー
2019年/日本/1h54
監督・製作・脚本:鈴木卓爾
音楽:あがた森魚
出演:井浦新、大西礼芳、安部聡子、金井浩人

「この電車に乗ればどこまでだって行けますよ」百年前から京都市街を走る路面電車、通称"嵐電"。街の記憶と、大切な誰かへの想いを乗せ、今日も走る嵐電を舞台に三つの恋が幻想的に交錯する―。

10/26(土)〜11/1(金)18:10〜(終20:09)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
★11/1(金)は映画サービスデー!みなさま1000円でご覧いただけます。



▲TOPへ

さよなら、退屈なレオニー

東京国際映画祭 ジェムストーン賞
配給:ブロードメディア・スタジオ
LA DISPARITION DES LUCIOLES
2018年/カナダ/1h36
監督・脚本:セバスチャン・ピロット
出演:カレル・トレンブレイ、ピエール=リュック・ブリラント

カナダの小さな街。高校卒業を間近に控えながら、どこかイライラした毎日を送るレオニー。年上のスティーブにギターを習い始め、何かが変わりだす…。青春の退屈さと眩しさを知る、ひと夏の物語。

10/26(土)〜11/1(金)20:25〜(終22:06)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
★11/1(金)は映画サービスデー!みなさま1000円でご覧いただけます。
※本作品は前売鑑賞券、ムビチケはご利用いただけません。



▲TOPへ

10月以降の上映スケジュール  8月へ  9月へ  一覧表へ