下高井戸シネマ


11月の上映スケジュール  10月へ  12月へ  一 覧 表 

子どもが教えてくれたこと

ジッフォーニ映画祭 GEx Doc部門 作品賞
配給:ドマ
ET LES MISTRALS GAGNANTS
2016年/フランス/1h20
監督・脚本:アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン

病気を患う5人の子どもたちが、治療を続けながらも、毎日を精一杯生きる姿を優しく静かに見つめるドキュメンタリー。監督は、自身の娘を病気で亡くした過去を持つフランスの女性ジャーナリスト。

10/27(土)〜11/2(金) 10:00〜(終11:24)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
★11/1(木)は映画サービスデー!みなさま1000円でご覧いただけます。

▲TOPへ

グッバイ・ゴダール!

配給:ギャガ
LE REDOUTABLE
2017年/フランス/1h48/R15+
監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウス
原作:アンヌ・ヴィアゼムスキー
出演:ルイ・ガレル、ステイシー・マーティン

ジャン=リュック・ゴダールの元妻で、女優のA・ヴィアゼムスキーの自伝を映画化。1968年パリ。天才映画監督と恋に落ち、彼の新作の主演に抜擢された19歳のアンヌ。映画に恋に五月革命―。夢中で駆け抜けた彼女の青春の日々をコミカルに描く。

10/20(土)〜26(金)19:20〜(終21:12)
10/27(土)〜11/2(金)11:45〜終13:37)


一般1600円 / 大学・専門1300円 / 高校生・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
★11/1(木)は映画サービスデー!みなさま1000円でご覧いただけます。

▲TOPへ

焼肉ドラゴン

配給:KADOKAWA
2018年/日本/2h08
監督・原作・脚本:鄭義信『血と骨』(脚本)
出演:真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、大谷亮平、キム・サンホ、イ・ジョンウン

1970年、関西。韓国人夫婦が営む小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」は、三姉妹と一人息子、常連客でいつも賑わっていたが…。数々の演劇賞に輝いた舞台を作者自ら映画化。時代に翻弄されながらも、強く逞しく生きる在日韓国人家族の泣き笑いの物語。

10/20(土)〜10/26(金) 12:20〜(終14:32)
10/27(土)〜11/2(金) 14:00〜(終16:12)


一般1600円 / 大学・専門1300円 / 高校生・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
★11/1(木)は映画サービスデー!みなさま1000円でご覧いただけます。

※「UDCast方式音声ガイド」に対応しています。
スマートフォンや携帯端末の専用アプリを利用した、視覚障がい者用音声ガイドです。 専用アプリから音声データをダウンロードし、イヤホンを使ってご利用いただけます。

▲TOPへ

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス


配給:ギャガ
BUENA VISTA SOCIAL CLUB:ADIOS
2017年/イギリス/1h50
製作総指揮:ヴィム・ヴェンダース
監督・製作総指揮:ルーシー・ウォーカー
出演:オマーラ・ポルトゥオンド、マヌエル・"エル・グアヒーロ"・ミラバール、バルバリート・トーレス、エリアデス・オチョア、イブライム・フェレール

キューバの超ベテラン音楽家たちによるビッグバンドを追った映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』から18年。現メンバーによる最後の世界ツアーに密着した音楽ドキュメント。秘蔵映像を交え、歩んできた旅路やメンバーの死にも迫る。

10/27(土)〜11/2(金) 16:35〜(終18:29)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
★11/1(木)は映画サービスデー!みなさま1000円でご覧いただけます。

▲TOPへ

カメラを止めるな!

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018 観客賞
ウディネ・ファーイースト映画祭 シルバーマルベリー観客賞2位

配給:アスミック・エース
2017年/日本/1h36
監督・脚本・編集:上田慎一郎
出演:濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰、細井学、秋山ゆずき

廃墟でゾンビ映画を撮影中の自主映画クルー。彼らに本物のゾンビが襲いかかり…。低予算ながら、口コミで話題沸騰!新人監督と無名キャストが放つ老若男女楽しめる娯楽作が下高井戸に上陸!

10/13(土)〜10/19(金) 12:25〜(終14:05)
10/20(土)〜10/26(金) 17:20〜(終19:00)
10/27(土)〜11/2(金) 19:20〜(終21:00)
★10/29(月)上映後、キャストによる舞台挨拶あり!

一般1800円 / 大学・専門1500円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円
★11/1(木)は映画サービスデー!みなさま1000円でご覧いただけます。

※「UDCast方式音声ガイド」に対応しています。
スマートフォンや携帯端末の専用アプリを利用した、視覚障がい者用音声ガイドです。 専用アプリから音声データをダウンロードし、イヤホンを使ってご利用いただけます。

▲TOPへ

ボリショイ・バレエ 2人のスワン

ロシア映画批評家組合賞 最優秀助演女優賞
配給:アットエンタテインメント
БОЛЬШОЙ
2017年/ロシア/2h12
監督・製作:ヴァレーリー・トドロフスキー
出演:マルガリータ・シモノヴァ、アンナ・イサエヴァ

ボリショイ・バレエ・アカデミーに入学したユリアとカリーナ。境遇も踊りも正反対な二人は親友にしてライバルとなり頂点を目指す―。本物のダンサーが集結した圧巻のステージと共に、少女たちの夢と闘いを描くバレエ・エンターテインメント。

11/3(土)〜11/9(金) 10:00〜(終12:17)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

禁じられた遊び〈デジタル・リマスター版〉

アカデミー賞 名誉賞
ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞

配給:パンドラ
JEUX INTERDITS
1952年/フランス/1h26
監督・脚色:ルネ・クレマン/音楽:ナルシソ・イエペス(「愛のロマンス」)
出演:ブリジット・フォッセー、ジョルジュ・プージュリー

第二次世界大戦中のフランス。爆撃により両親と愛犬を亡くした5歳の少女ポーレットは、11歳の農民少年ミシェルと出会い…。哀愁に充ちた音楽と共に映画史に残る名作がスクリーンに甦る。

11/3(土)〜11/9(金) 12:35〜(終14:06)

一般1500円 / 大学・専門1200円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

判決、ふたつの希望

ヴェネチア国際映画祭 最優秀男優賞
配給:ロングライド
L'INSULTE
2017年/レバノン・フランス/1h53
監督・脚本:ジアド・ドゥエイリ
出演:アデル・カラム、カメル・エル=バシャ、リタ・ハーエク

レバノンの首都ベイルート。キリスト教徒のトニーとパレスチナ難民のヤーセルとの間に起きた些細な口論が国を揺るがす法廷争いへと発展。人間の尊厳をかけ二転三転する裁判の行方は―。驚きと感動に満ちた前代未聞の法廷劇。

11/3(土)〜11/9(金) 14:25〜(終16:23)
11/10(土)〜11/16(金) 10:00〜(終11:58)


一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

菊とギロチン

配給:トランスフォーマー
2018年/日本/3h09/R15+
監督・脚本:瀬々敬久『ヘヴンズ ストーリー』
脚本:相澤虎之助
出演:木竜麻生、東出昌大、寛一郎、韓英恵

大正末期。様々な過去を背負った女たちが集まる女相撲一座は、巡業先でアナキスト集団「ギロチン社」の青年達と出会う。社会に息苦しさを感じていた両者は意気投合するが…。時代に翻弄されながらも自由を求めて疾走する若者達の青春群像劇。

11/3(土)〜11/9(金) 16:40〜(終19:54)

一般1700円 / 大学・専門1400円 / 高校生・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

つかのまの愛人

配給:コピアポア・フィルム
L'AMANT D'UN JOUR
2017年/フランス/1h16
監督・脚本:フィリップ・ガレル
出演:ルイーズ・シュヴィヨット、エリック・カラヴァカ、エステール・ガレル

大学の教え子と同棲している哲学教師ジルの家に、恋人にふられ自暴自棄になった娘が転がり込み…。愛という根源的なテーマを基に、若い女の欲望や嫉妬、生への執着を静謐な白黒映像で紡ぐ。

11/3(土)〜11/9(金) 20:10〜(終21:31)

一般1500円 / 大学・専門1200円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

チャーチル ノルマンディーの決断

配給:彩プロ
CHURCHILL
2017年/イギリス/1h45
監督:ジョナサン・テプリツキー
出演:ブライアン・コックス、ミランダ・リチャードソン

ダンケルクの戦いから4年後の1944年、イギリス。徹底した人道主義のもと、ノルマンディー上陸作戦遂行に最後まで抵抗した英国首相チャーチルの知られざる苦悩と真実を描く。最大の困難を最大の勝利へ導いた彼の人間愛に満ちた感動の物語。

11/10(土)〜11/16(金) 12:20〜(終14:10)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

ウインド・リバー

カンヌ国際映画祭〈ある視点部門〉監督賞
配給:KADOKAWA
WIND RIVER
2017年/アメリカ/1h47
監督・脚本:テイラー・シェリダン(『ボーダーライン』脚本)
出演:ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン、ジョン・バーンサル

全米に点在する先住民居留地の一つ、雪深い地“ウインド・リバー”。女性の死体が発見され、地元のハンターと新人女性FBI捜査官が捜査にあたる。二人が辿り着いた思いもよらない結末とは―。アメリカの闇を描いた極上のクライムサスペンス。

11/10(土)〜11/16(金) 14:30〜(終16:22)
11/17(土)〜11/23(金) 16:50〜(終18:42)


一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

タリーと私の秘密の時間

配給:キノフィルムズ
TULLY
2018年/アメリカ/1h35
監督・製作:ジェイソン・ライトマン『ヤング≒アダルト』『JUNO ジュノ』
出演:シャーリーズ・セロン、マッケンジー・デイヴィス

何事も完璧にこなしてきたが、3人目の出産を終え疲れきってしまったマーロの元にやってきたナイトシッターのタリー。二人は絆を深めていくが、タリーにはある秘密があった…。現代を生きる全ての人に送る人生のリフレッシュムービー!

11/10(土)〜11/16(金) 16:40〜(終18:20)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

名前

配給:アルゴ・ピクチャーズ
2018年/日本/1h54
監督・編集:戸田彬弘/原案:道尾秀介
出演:津田寛治、駒井蓮、勧修寺保都、松本穂香、内田理央、川瀬陽太、筒井真理子

経営していた会社が倒産し、茨城にやってきた正男。自分の名前や身分を偽って自堕落な生活を送るある日、娘を名乗る女子高生が現れ…。直木賞作家・道尾秀介のオリジナル原案を基に、親子の在り方や思春期の心の揺れ動きを描く人間ドラマ。

11/10(土)〜11/16(金) 19:00〜(終20:59)

★舞台挨拶決定!

11/10(土)上映前 ゲスト:駒井蓮さん、戸田彬弘監督
11/12(月)上映後 ゲスト:津田寛治さん、戸田彬弘監督

★舞台挨拶追加決定!
11/15(木)上映後 ゲスト:津田寛治さん、勧修寺保都さん、戸田彬弘監督


一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

ヒトラーを欺いた黄色い星

配給:アルバトロス・フィルム
DIE UNSICHTBAREN
2017年/ドイツ/1h51
監督・脚本・製作:クラウス・レーフレ
撮影:イェルク・ヴィトマー
出演:マックス・マウフ、アリス・ドワイヤー、ルビー・O・フィー、アーロン・アルタラス

1943年6月、ナチスはベルリンからユダヤ人を一掃したと宣言したが、約7000人のユダヤ人が潜伏し、1500人が終戦まで生き延びた―。生還者の証言を交えて映画化し、衝撃的史実に迫る感動の物語。

11/17(土)〜11/23(金) 10:00〜(終11:56)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

ラ・チャナ

アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞
配給:アップリンク、ピカフィルム
LA CHANA
2016年/スペイン・アイスランド・アメリカ/1h26
監督・製作:ルツィア・ストイェヴィッチ
出演:ラ・チャナ、アントニオ・カナーレス、カリメ・アマヤ

伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナ。若くして結婚し、出産、そして人気絶頂で引退。彼女はなぜ表舞台から姿を消したのか?現在71歳の彼女の波乱の人生と情熱の源に迫るドキュメンタリー。

11/17(土)〜11/23(金) 12:15〜(終13:46)

★特別イベント付き上映開催!

11/17(土)、11/21(水)、11/23(金)上映後、「チャナに会ってきました!報告及び最新インタビュー・全ての女性たちに捧げるメッセージ」上映あり
登壇者:ピカフィルム 飯田光代さん(『ラ・チャナ』共同配給)

★特別映像付き上映開催!
11/18(日)、11/19(月)、11/20(火)、11/22(木)上映後、 ラ・チャナによるカリメ・アマヤへのレッスン映像(10分間)の上映あり!

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

スターリンの葬送狂騒曲

配給:ギャガ
THE DEATH OF STALIN
2017年/イギリス/1h47
監督:アーマンド・イアヌッチ
出演:スティーヴ・ブシェミ、ジェフリー・タンバー、マイケル・ペイリン、オルガ・キュリレンコ

1953年、ソビエト連邦の独裁者スターリンが急死。厳粛な国葬の準備が進む中、最高権力者の座を巡り、側近たちの姑息で卑劣な争いが勃発!ロシアで上映禁止の問題作が日本に上陸。史上最もドス黒い実話に基づくブラックコメディ。

11/17(土)〜11/23(金) 14:40〜(終16:32)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

若い女

カンヌ国際映画祭 カメラドール(新人監督賞)、リュミエール賞 最有望女優賞
配給:サンリス
JEUNE FEMME
2017年/フランス/1h37
監督・脚本:レオノール・セライユ
出演:レティシア・ドッシュ、グレゴワール・モンサンジョン、スレイマン・セイ・ンディアイ、ナタリー・リシャール

31歳のポーラは恋人に突然別れを告げられ、猫と共にパリを転々とするはめに。自由奔放でちょっとくせ者の彼女は、新たな人生に向かって少しずつ進んでいく―。孤独と自由、そして希望の物語。

11/17(土)〜11/23(金) 19:20〜(終21:02)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

妻の愛、娘の時

アジア・アカデミー賞 主演女優賞、生涯貢献賞
香港電影評論学会大奨 監督賞
香港アカデミー賞 脚本賞

配給:マジックアワー
相愛相親
2017年/中国・台湾/2h01
監督・脚本・出演:シルヴィア・チャン
撮影:リー・ピンビン 出演:ティエン・チュアンチュアン、ラン・ユェティン、ウー・ヤンシュ、ソン・ニンフォン

母を看取ったフイイン。母を父と同じ墓に埋葬するため、田舎の父の墓を移そうとするが、父の先妻に猛反対され…。妻、母、娘、異なる三世代の女性が人生を見つめ直す姿を描いた人間ドラマ。

11/24(土)〜11/30(金) 10:00〜(終12:06)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

ヒトラーと戦った22日間

配給:ファインフィルムズ
Собибор
2018年/ロシア・ドイツ・リトアニア・ポーランド/1h58/PG12
監督・脚本・出演:コンスタンチン・ハベンスキー、クリストファー・ランバート、ミハリーナ・オリシャンスカ

1943年、ナチス支配下の絶滅収容所ソビボル。ユダヤ人が大量殺戮される中、移送されてきたソ連の軍人を中心に“収容者全員”の脱出が計画された。生きることを諦めなかった人々の衝撃の実話!

11/24(土)〜11/30(金) 12:25〜(終14:28)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男

BORG MCENROE
配給:ギャガ
2017年/スウェーデン・デンマーク・フィンランド/1h48
監督:ヤヌス・メッツ
出演:スベリル・グドナソン、シャイア・ラブーフ、ステラン・スカルスガルド、ツヴァ・ノヴォトニー

テニス界で世界的人気を誇るB・ボルグと、才能がありながら荒々しい気性から"悪童"と呼ばれたJ・マッケンロー。二人の伝説の1980年ウィンブルドン決勝戦と、そこに至るまでを描く感動の実話。

11/24(土)〜11/30(金) 14:50〜(終16:43)

一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

ゲンボとタシの夢見るブータン

配給:サニーフィルム
THE NEXT GUARDIAN
2017年/ブータン・ハンガリー/1h14
監督:アルム・バッタライ、ドロッチャ・ズルボー

ブータンで先祖代々続く寺院の長男は僧院学校に行くか思い悩み、妹は自らを男の子だと思っている。彼らの想いと両親の願いは静かに衝突する…。ある家族の将来を見つめたドキュメンタリー。

11/24(土)〜11/30(金) 17:00〜(終18:19)
★11/28(水)上映後、監督来日舞台挨拶決定!


一般1600円 / 大学・専門1300円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

公開40周年記念上映
ラスト・ワルツ <デジタル・リマスター版>

配給:ブロードウェイ
THE LAST WALTZ
1978年/アメリカ/1h57
監督:マーティン・スコセッシ
出演:ザ・バンド、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ヴァン・モリソン

1976年11月25日“ザ・バンド”の解散コンサート。豪華すぎるゲストと共に伝説となったステージを余す所なく焼き付けたライブ映画の最高傑作!全身が音楽に包まれる、至福のひととき。

11/24(土)〜11/30(金) 19:20〜(終21:22)
★11/24(土)上映後、「ラスト・ワルツ」公開40周年、公演42周年記念トークショー!
ゲスト:NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)、天辰保文(音楽評論家/「ラスト・ワルツ」を生で観た一人)

一般1300円 / 大学・専門1100円 / 小・中・高・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

▲TOPへ

11月の上映スケジュール  10月へ  12月へ  一 覧 表