下高井戸シネマ



2022年12月の上映スケジュール  11月  特集1  特集2  特集3  一覧表 

戦争と女の顔

カンヌ国際映画祭 「ある視点」部門 国際映画批評家連盟賞、監督賞
2019年/ロシア/2h17/PG12
監督・脚本:カンテミール・バラーゴフ
出演:ヴィクトリア・ミロシニチェンコ、ヴァシリサ・ペレリギナ

1945年、戦後のレニングラード。PTSDを抱えた看護師イーヤは傷病軍人が収容された病院で働くが…。生と死の戦いを続ける元・女性兵士達の物語。

11/26(土)~12/2(金) 9:30~(終11:52)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円
★12/1(木)は、映画サービスデー!みなさま1000円均一!

▲TOPへ

異動辞令は音楽隊!

2022年/日本/1h59
監督・原案・脚本:内田英治
出演:阿部寛、清野菜名、磯村勇斗、高杉真宙、板橋駿谷、モトーラ世理奈、見上愛、岡部たかし、渋川清彦、倍賞美津子

強引な捜査を繰り返すベテラン刑事・成瀬は、突然上司から〈警察音楽隊〉への異動を命ぜられ…。名曲とともに心鳴り響く人生大転換エンターテインメント!

11/26(土)~12/2(金) 12:10~(終14:12)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円
★12/1(木)は、映画サービスデー!みなさま1000円均一!

▲TOPへ

プアン/友だちと呼ばせて

サンダンス映画祭 ワールドシネマドラマティック部門審査員特別賞
2021年/タイ/2h09/PG12
監督・脚本:バズ・プーンピリヤ『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
製作総指揮:ウォン・カーウァイ
出演:トー・タナポップ、アイス・ナッタラット

余命宣告を受けた青年が親友をNYからバンコクに呼び寄せて頼んだのは元カノたちを訪ねる旅の運転手。旅の終着点で明かされる〈ある秘密〉とはー。

11/26(土)~12/2(金) 17:30~(終19:44)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円
★12月1日(木)は、映画サービスデー!みなさま1000円均一!

▲TOPへ

UNDERGROUND CINEMA FESTIVAL'22
Psychedelics and the Trip Across Borders
サイケデリックと越境の旅


魂を解放せよ!もっと自由な世界へトリップするための、アンダーグラウンドな映画体験!!

A:『おおえまさのり全作品1《N.Y.サイケデリック革命の時代》』
B:『おおえまさのり全作品2《東洋のサイケデリア》』
C:『ザ・タージ・マハル・トラベラーズ~「旅」について』
D:『味覚革命論序説』+『光風』
E:『GOOD-BYE』+『スーパードキュメンタリー前衛仙術』
F:『バイバイ・ラブ』
G:『アンダーグラウンド・イン・N.Y.』

11/26(土)~12/2(金) 連日20時上映!
→詳細は特集ページへ

期間中トークあり!
11/29(火)上映前、上映後トークあり!
【上映前】
ゲスト:達智巳一監督(『光風』)
【上映後】
ゲスト:「発見の会」演出家・有馬則純さん
    『味覚革命論序説』出演・伊郷敏行さん
進 行:鈴木章浩さん(本映画祭主催エス・アイ・ジー)

12/1(木)上映後トークあり!
ゲスト:藤沢勇夫監督
進 行:鈴木章浩さん(本映画祭主催エス・アイ・ジー)
→コロナ感染のため、藤沢勇夫監督のトークは中止といたします。楽しみにしていた皆さまには申し訳ございませんが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

一般1300円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 高校生1000円 / 会員990円
※招待券使用不可
※前売り券・ムビチケ使用不可

★12/1(木)は、映画サービスデー!みなさま1000円均一!

▲TOPへ

アウシュヴィッツのチャンピオン

2020年/ポーランド/1h31
監督・脚本:マチェイ・バルチェフスキ
出演:ピョートル・グウォヴァツキ、グジェゴシュ・マウェツキ

ナチス占領下のポーランド。強制収容所の司令官たちの娯楽でリングに立たされたボクサーがいた。“絶滅の地”で囚人たちの希望となった男の衝撃の実話!

12/3(土)~12/9(金) 9:30~(終11:06)
★12/3(土)上映後、渋谷哲也さん(ドイツ映画研究者・日本大学文理学部教授)によるトークあり!

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

※前売り券・ムビチケ使用不可

▲TOPへ

没後40年 ロミー・シュナイダー映画祭

犯罪劇、成功と転落、官能と愛情。
様々な物語のなかで生きた世界最高の女優、ロミー・シュナイダー。その軌跡を辿る、貴重な作品を含んだ7作品の特集上映

『太陽が知っている 4Kデジタルリマスター版』
『マックスとリリー』
『夕なぎ』
『離愁 4Kデジタルリマスター版』
『華麗なる女銀行家 4Kデジタルリマスター版』
『サン・スーシの女』
『地獄』

12/3(土)~12/16(金) 2週間日替り
→詳細は特集ページへ

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円



▲TOPへ

C.R.A.Z.Y.

トロント国際映画祭 最優秀カナダ作品賞
2005年/カナダ・モロッコ/2h09/PG12
監督:ジャン=マルク・ヴァレ
出演:ミシェル・コテ、マルク=アンドレ・グロンダン、ダニエル・プルール

60〜70年代、保守的な家庭で4人の兄弟と育ったザック。厳格な父を尊敬しつつも、自らのアイデンティティとの間で葛藤する…。昨年、急逝した監督の初期の名作。

12/3(土)~12/9(金) 16:00~(終18:14)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

※前売り券・ムビチケ使用不可

▲TOPへ

マイ・ブロークン・マリコ

2022年/日本/1h25
監督・脚本:タナダユキ
原作:平庫ワカ
出演:永野芽郁、奈緒、窪田正孝、尾美としのり、吉田羊

幼馴染で親友のマリコが転落死したと報せを受けたシイノ。毒親に渡った遺骨を奪い、学生時代マリコが行きたがっていた海へ。最初で最後の2人旅が始まるー。

12/3(土)~12/9(金) 18:30~(終20:00)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

この日々が凪いだら

2021年/日本/1h24
監督・脚本・編集・企画・製作:常間地裕
音楽・出演:塩塚モエカ(羊文学)
出演:サトウヒロキ、瀬戸かほ、山田将、藤原季節、川瀬陽太

恋人同士の2人。変わりゆくものと、変わらないものー。さまざまな〈変化〉に向き合う若者たちによる群像劇を繊細な筆致で描く。主題歌は注目バンド・羊文学。

12/3(土)~12/9(金) 20:15~(終21:44)
【上映後トーク開催決定!】
トーク開催日は連日、常間地裕監督ご登壇

12/3(土) サトウヒロキさん、瀬戸かほさん、川瀬陽太さん
12/4(日)綾乃彩さん、山形匠さん、堀井綾香さん、松本高士さん
12/5(月)牛丸亮さん、遠藤雄斗さん、山岡竜弘さん、山下ケイジさん
12/7(水)今泉力哉監督
12/8(木)羊文学(Vo/Gt.塩塚モエカさん Ba.河西ゆりかさん Dr.フクダヒロアさん)+MC
12/9(金)サトウヒロキさん、重松りささん

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

ルッツ 海に生きる

サンダンス映画祭 ワールドシネマ・ドラマティック部門 俳優賞
SKIPシティ 国際Dシネマ映画祭 国際コンペティション グランプリ

2021年/マルタ/1h35
監督・脚本・編集:アレックス・カミレーリ
出演:ジェスマーク・シクルーナ、ミケーラ・ファルジア

地中海の島国マルタ。伝統漁船ルッツで生きてきた若き漁師に子どもが生まれ、その人生に揺らぎが生じる…。仕事への誇りと現実との間で葛藤する姿を描き出す。

12/10(土)~12/16(金) 9:30~(終11:07)

★「ルッツ 海に生きる」公開記念 入場者プレゼント決定!!
ご来場者の方でご応募いただいた中から抽選で1名様に「ルッツのある風景」写真をプレゼントいたします。
日本大学芸術学部写真学科教授、秋元貴美子さんの作品です。貴重なコレクションの1作品となります。
---------------------------
《秋元貴美子 プロフィール》
秋元貴美子 AKIMOTO Kimiko
日本大学芸術学部写真学科教授/日本写真家協会会員
日本大学芸術学部写真学科卒業後、大学院を経て、現在、同大学勤務。
マルタ共和国の魅力に惹かれ、2021年、「Malta三部作」を発表。

主な作品:
「都市と自然のエレメンツ」(2022) 池田記念美術館
「Malta はちみつ色の街」(2021) ピクトリコギャラリー表参道
「Malta 時を刻む」(2021) ピクトリコギャラリー両国
「Malta 名もなき風景」(2021) ソニーイメージングギャラリー銀座
他多数
---------------------------

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

母へ捧げる僕たちのアリア

バリャドリッド国際映画祭 作品賞
2021年/フランス/1h48/PG12
監督・脚本:ヨアン・マンカ
出演:マエル・ルーアン=ベランドゥ、ソフィアン・カメス

重篤な母と兄3人で南仏の海沿いの公営団地で暮らす14歳のヌール。母の大好きなオペラを歌うことで厳しい暮らしに喜びを知ったー。ひと夏のオペラレッスン。

12/10(土)~12/16(金) 11:25~(終13:17)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

※前売り券・ムビチケ使用不可

▲TOPへ

川っぺりムコリッタ

東京国際映画祭 正式出品
釡山国際映画祭 正式出品

2021年/日本/2h00
監督・原作・脚本:荻上直子『かもめ食堂』
出演:松山ケンイチ、ムロツヨシ、満島ひかり、吉岡秀隆、江口のりこ、田中美佐子、柄本佑、薬師丸ひろ子、笹野高史、緒形直人

誰とも関わらず生きようと決め、ボロアパートで暮らし始めた山田。静かに暮らしたい彼だが、底抜けに明るい住人たちと出会い、ささやかなシアワセに気づいていくー。

12/10(土)~12/16(金) 13:35~(終15:40)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

セイント・フランシス

SXSWフィルムフェスティバル 観客賞、審査員特別賞
2019年/アメリカ/1h41
監督・製作・編集:アレックス・トンプソン
出演・脚本:ケリー・オサリヴァン
出演:ラモーナ・エディス・ウィリアムズ

大学を中退し、レストランで働く34歳、独身のブリジット。うだつのあがらない彼女の日々に、レズビアンカップルとその娘との出会いにより少しずつ光が差してくるー。

12/10(土)~12/16(金) 16:00~(終17:46)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

※前売り券・ムビチケ使用不可

▲TOPへ

WANDA ワンダ

ヴェネツィア国際映画祭 最優秀外国映画賞
アメリカ国立フィルム登録簿 永久保存

1970年/アメリカ/1h43
監督・脚本・主演:バーバラ・ローデン
制作協力:エリア・カザン
出演:マイケル・ヒギンズ

夫に離別され、子も職も失い、有り金もすられたンダは、バーで知り合った傲慢な男といつの間に か犯罪の共犯者として逃避行を重ねることに…。

12/10(土)~12/16(金) 18:00~(終19:47)
★先着で、ポストカードプレゼント!(無くなり次第終了)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

年末映画祭り!
“ほぼ”アメリカ映画傑作選


見たかったけど見れなかった作品たちを集め、70~80年代のアメリカ映画のレア作・傑作を一挙に上映!イギリス映画もあり!

『ハズバンズ(142分版)』
『ウォーターメロンマン』
『愛されちゃって、マフィア』
『おかしな求婚』
『ハリー&サン』【劇場初上映】
『メルビンとハワード』
『イシュタール』
『スチームバス/女たちの夢』【劇場初上映】

12/17(土)~12/30(金) 2週間日替り上映
→詳細は特集ページへ

皆さま1300円均一
※サービスデー対象外、招待券使用不可、各種割引なし

※前売り券・ムビチケ使用不可


▶︎予告編はこちら
主催:グッチーズ・フリースクール
文化庁「ARTS for the future! 2」補助対象事業

▲TOPへ

スワンソング

シドニー映画祭 作品賞、ノルウェー国際映画祭 批評家賞
ニューヨーカーズLGBT映画祭 観客賞

2021年/アメリカ/1h45
監督・脚本:トッド・スティーブンス
出演:ウド・キアー、ジェニファー・クーリッジ、マイケル・ユーリー

老人ホームで暮らす、伝説のヘアメイクドレッサー"ミスター・パット"。ある日、思わぬ依頼により彼の心は揺れ動くー。実在の人物がモデルのハートフル・ロードムービー。

12/17(土)~12/23(金) 9:30~(終11:17)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

アプローズ、アプローズ! 囚人たちの大舞台

ヨーロッパ映画賞 ヨーロピアンコメディ作品賞
アートフィルムフェスティバル 最優秀観客賞

2022年/フランス/1h45/PG12
監督:エマニュエル・クールコル
出演:カド・メラッド 、タヴィッド・アヤラ、ソフィアン・カメス

人生が上手くいかない崖っぷち役者。彼に巡ってきた大仕事は訳あり、クセあり、ならず者の囚人達に演技を教えて更生させること。カンヌを笑いと涙で包んだ実話。

12/17(土)~12/23(金) 11:35~(終13:22)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

彼女のいない部屋

カンヌ映画祭〈カンヌ・プレミア〉公式作品
2021年/フランス/1h37
監督:マチュー・アマルリック
出演:ヴィッキー・クリープス『ベルイマン島にて』、アリエ・ワルトアルテ

クラリスはある朝、家を出て車を走らせる。彼女はなぜ旅に出たのか?やがて浮かび上がるある家族の真実に心震える。名優マチュー・アマルリックの監督作。

12/17(土)~12/23(金) 13:40~(終15:22)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

こちらあみ子

2022年/日本/1h44
監督・脚本:森井勇佑
原作:今村夏子
出演:大沢一菜、井浦新、尾野真千子

広島に住む小学5年生のあみ子。彼女のあまりに純粋無垢な行動は周りを否応なく変え…。奇妙で滑稽で、愛おしい人間たちを描く。原作は芥川賞作家・今村夏子。

12/17(土)~12/23(金) 15:35~(終17:24)
★期間中、監督他による舞台挨拶を予定!

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

2020年/カナダ/1h19
監督・脚本・製作:ポール・サルツマン
製作総指揮・出演:デヴィッド・リンチ
ナレーション:モーガン・フリーマン
出演:パティ・ボイド、ジェニー・ボイド、マーク・ルイソン

インドで超越瞑想を学びながら、ビートルズと過ごした監督の8日間。「ホワイトアルバム」誕生秘話、未発表写真を通して彼らの素顔を振り返るドキュメンタリー。

12/24(土)~12/30(金) 9:30~(終10:54)
★先着で、ポストカードプレゼント!(無くなり次第終了)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

さかなのこ

2022年/日本/2h19
監督・脚本:沖田修一
脚本:前田司郎/原作・出演:さかなクン
出演:のん、柳楽優弥、夏帆、磯村勇斗、岡山天音、三宅弘城、 井川遥、宇野祥平

たくさんの出会いと優しさに導かれ成長する、お魚が大好きなミー坊の"すっギョい"人生!さかなクンの自叙伝を元にその半生をユーモアたっぷりに描く。

12/24(土)~12/30(金) 11:15~(終13:39)

*UDCast方式音声ガイド対応
本作品UDCastは、【バリアフリー音声ガイド版】と【副音声(コメンタリー)版】の2つのバージョンあり!【副音声(コメンタリー)版】では、主演のんさんと沖田修一監督が、撮影裏話から魅力まで語り尽くします!
→詳しくは、UDCast公式ホームページへ!
事前に【UDCast】アプリ(無料)のインストールとコンテンツのダウンロードをしてから劇場までお越しください。


一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

秘密の森の、その向こう

LA批評家協会賞 外国語映画賞
2021年/フランス/1h13
監督・脚本・衣装:セリーヌ・シアマ『燃ゆる女の肖像』
出演:ジョセフィーヌ・サンス、ガブリエル・サンス、ニナ・ミュリス

祖母を亡くした8歳のネリーは、森の中にある祖母の家を片付けに行く。森を探索していたところ、母と同じ名の少女と出会い…。3世代をつなぐ喪失と癒しの物語。

12/24(土)~12/30(金) 14:00~(終15:18)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

ディーバ デジタルリマスター版

セザール賞 新人監督賞、音楽賞他4作品
1981年/フランス/1h57
監督・脚本:ジャン=ジャック・べネックス
出演:フレデリック・アンドレイ、ロラン・ベルタン

オペラ好きの郵便配達員の青年が、ソプラノ歌手の音源を巡り、ある事件に巻き込まれパリを逃げ惑う…。今年1月に他界したベネックス監督の長編デビュー作。

12/24(土)~12/30(金) 15:35~(終17:37)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

2022年 12月の上映スケジュール  11月  特集1  特集2  特集3  一覧表